アパックスパワー「もたぽんこ」絶対発売中!外装をホワイトボード化するコトに挑戦!落書きぽんこも作れますよ~

外装をホワイトボード化@もたぽんこ

これは、電動バイクだから というわけではないですが、どうしても、バイクのカラーリングなど外装の仕上げ方に一石を投じたい という感覚がありました。

例えば、昔っから、オールペイントやエアーブラシなどという手法は当たり前のようにはあるモノの、その手間と施工費に納得が出来ませんでした。

もちろん、自分で塗ったりはしません。

ガン吹き、キライです。

しっかりとしたブースがあれば、そりゃ楽しいのでしょうけど、無き場合は、仕上がりもしないし、手を出しちゃイカん領域ですね。

泣く泣く、オリジナルテイストを引き出したい場合は、塗装屋さんに出すのですが、ちょっと凝った塗装だと、すぐに二桁万円です。

求めるモノと違いながらも、致し方なく払っておりました。

そのモヤモヤを感じつつ、ずっと来ておりましたが、この度、おもしろい試みをやってみました。

これは、お客様からのご要望を叶える上で思いついたアイデアです。

車両は、表現が多彩に行える、オリエンタル社のもたぽんこ

もたぽんこ

ベースとして申し分ない、遊びバイクです。

性能うんぬん、気になる方はおられるでしょうが、そこは無視して下さい。

ただ、こんな乗り物を所有したい! 

と思う方のみお電話下さい。(販売受付:048-285-6805)

ハンドメイド電動バイクなので、注文頂いてから、お客様の仕様に合わせお作り致します。

それなりの活用法が浮かば無いユーザーの方は、活用法をメーカー側でしっかり提示されているごくごくふつーの商品を買われたほうがイイと思います。

今回のお客様は、そんなオリジナルテイストを求め、仕事柄、子供たちと接するコトが多いので、落書きバイクとして活用したい とのコト。

まずは、黒板ちっくにチョークで書こうと思ったのですが、もうひとつ試してみたいコトがありました。

それは、ホワイトボードになる塗料

そもそも、内装材に塗る塗料で、EQペイントという塗った面がホワイトボード化するというモノ。

実に、おもしろいですね。

常に、おもしろさの追求が、スマートハートのモットーです。

材料を購入すると、それは、二液混合で、刷毛塗りしか難しい状況です。

EQペイント

フラットなら、ローラーでもイイのでしょうが、ローラーは塗料が剥がれやすいんです。

知ってました?

ペンキは刷毛で塗るのが一番の耐久性を持つのです。

ひと通り塗り、乾かし、塗り、乾かし、塗り、乾かし、と3度塗り。

EQペイント

刷毛塗りだけあって、ガン吹きとは違い、表面のボコつきは残るモノの、バッチリ仕上がりました。

EQペイント

乾いたトコロで、テストです。

落書き

専用のホワイトボード用マジックで、落書きを。

そして、乾いた頃合いで、キッチンペーパーでフキフキ。

ケシケシ

あらま~ 不思議

ホワイトボード化

しっかり消えました。

当たり前やな。

まずは、ホワイトボード化したもたぽんこで、納車。

飽きたら、カラーリングしてもイイと思います。

こーした遊びゴコロいっぱいの電動バイク。

それが、もたぽんこです。

お客様所有のCOMOSに、しっかり乗っちゃう軽量車両、わずか20kg

お客様

活用法は、あなた次第です。

みんなで投票!

今回の記事はどぉ~でした?

選択肢 投票
とってもおもろかった 8  
楽しめました~ 2  
まぁまぁでした 0  
ごくごくふつーっす 0  
イマイチじゃね? 1  
つまんなかったっす 0  
だからなにっ!? 0  

投票ありがとうございました

今回の車両データ

納車エリア:千葉県・我孫子市
バイク:アパックスパワー・もたぽんこ
加工:外装のホワイトボード化
作業時間:約80分
作業難易度:★★★★☆

Tag: もたぽんこ アパックスパワー オリエンタル ホワイトボード 外装 ラッピング

a:2704 t:3 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional