スマートハートは一人一人のユーザーの行動範囲の実証テストを行っております!スクーテックSZ552M

ダブルリチウム搭載のイエローマシーン@スクーテックSZ552M

ダブルリチウム搭載のイエローマシーン@スクーテックSZ552M

実際に、家から職場まで走れるの!?

とゆーお客様からの問い。

一人一人のお客様に対して、走行実証デモを敢行しております。

もちろん、そんなんやるの、今だけです。

皆が平然と、電動スクーターを乗り始めたら、モノ珍しくなくなったら、やりません

今だけです。

普及に対して、がんばっている今だけです。

だから、まだ、誰も乗っていない、今、買うのも勇気は要りますが、そんなサービス受けられるメリットもあるのです。

もちろん、普及に向けて発展途上ですから、リスクはあります。

リチウムバッテリーだって、まだまだ高く、おいそれ交換出来る代物ではありません。

でも、そんなリスクのある今、買ってくれるユーザーを、メーカーも販売店もメディアも、しっかり応援してくれるでしょう。

エコ活動をしているクリーンな企業 というイメージアップをはかりたいと思っているなら、今しかないのです。

今日です。

明日じゃ、もー 他の誰かに先を越されます。

あさってだったら、全国のなん企業に先を越されるでしょう。

だから、電気で動くEVを使った最大限のオススメをしているのです。

エコ活動

みんながやった後では、もう、イメージアップ戦略は成り立ちません

そのイメージアップに、電動バイク代金なんて、安い買いもんだと、わたしは思いますけどね。

そんな、一人一人のユーザーの問いかけにお答えすべく、今回は、メーカーさんにもご協力して頂きましたので、ご紹介致します。

自宅が埼玉県富士見市というトコロにあり、職場が、埼玉県川口市。

往復60kmの道のりを、現在、軽自動車のターボ付で通勤されております。

なにせ毎日のコトなので、交通費コストは削りたいと常日頃思っていたトコロに、スマートハート来店。

どーせバイクに切り替えるならば、コストを最小限に抑えられる電動バイクにしたい と切実な願いです。

ランニングコストは、ほぼに近いと言いました。

極端とも言える意見ですが、職場は当店の真ん前です。

仕事している間は、お店でチャージしてOK と申し上げたら、あながち、コスト0は、ウソではありません。

ただし、問題は、航続距離ですよね。

そこで、メーカーさんにご相談したら、そーゆーコトなら、一度使ってみて下さい! との力強いご提案。

うれしーじゃないですかぁ~

スクーテックジャパンさんの、SZ552M です。

スクーテック・SZ552M

なんと、リチウムバッテリーがメットインスペースを潰したとしても、ダブル載せです。

リチウムW載せ

さらに、これを並列で使っているので、パワーアップもしかり。

今週、平日にでもテスト走行をやってみて、ほんとーに、その距離を通えるかどーか判断してみたいと思っております。

SZ552M

そして、期間限定ですが、このSZ552Mは、スマートハートに展示しております。

ぜひ、今週、試乗にお越し下さい。

そして、今一度申し上げます。

一人一人のユーザーに対して、メーカーさんが実機を貸し出してくれて、かつ、販売店が実証テストをやってくれるなんて、今だけですよ。

他人の口コミ情報なんかとどっちが正しいか・・・冷静にご判断下さい。

ぜひ、右に習えの日本人の悪い特性を脱ぎ捨てて、スマートハートへご来店下さいませ。

みんなで投票!

今回の記事はどぉ~でした?

選択肢 投票
とってもおもろかった 11  
楽しめました~ 2  
まぁまぁでした 0  
ごくごくふつーっす 0  
イマイチじゃね? 0  
つまんなかったっす 0  
だからなにっ!? 0  

投票ありがとうございました

今回の車両データ

バイク:スクーテック・SZ552M

Tag: スクーテック SCOOTEH SZ552M リチウムバッテリー 試乗テスト 航続距離 ダブルリチウム

a:2620 t:2 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional